世界くるま旅 ~ アラフォー女ひとりでノラリクラリ

世界放浪中! 愛車2台、トヨタ「ハイエース」と「ランクル70」で、自由気ままに海外を旅する40代独身女性『オーバーランダー』の写真・動画ブログ

島根から南アフリカまでの55時間(part 7)やっとこさヤッソとご対面!!

今度こそ前前前回の「part 4 カウチサーフィンで知り合ったヤッソ」のつづきから! 

f:id:world-wanderer:20170615111343j:plain

 

ドバイで会えるのか会えないのかもわからないヤッソ振り回され、辛抱強く(?)イライラしながら待ち続けた。朝7時に会うはずだったのに、何度も何度も会う時間を先延ばしにされ、結局、夕方4時半にようやく会えた!!最終的に来てくれて良かったけど、9時間半も待ちぼうけ!!

 

悔しいぞぉ!ドバイ観光するために、2時間の短いトランジットではなく、少しお値段が高めの23時間のトランジットのあるフライトの方を選んだのに、まったくその時間を有効に使えなかったおろかな私にガッカリ

 

今回は、そんな気持ちがいっぱい詰まった、カウチサーフィンで知り合ったヤッソとご対面までの憤慨記だよ。

 

f:id:world-wanderer:20170615113336j:plain

 

 

ヤッソって誰?

 

復習。「ヤッソって誰?」

前前前回の part 4 カウチサーフィンで知り合ったヤッソ  に登場してるよ。

 

ヤッソは、カウチサーフィンを通して知り合ったドバイに住むアフリカ人32才の男性で、 「空港に迎えに行って、ドバイを案内するよ」 と、申し出てくれた親切な子・・・ のはずだったんだけど、裏切られた!?

島根から南アフリカまでの55時間(part 4)カウチサーフィンで知り合ったヤッソ - 世界くるま旅 ~ アラフォー女ひとりでノラリクラリ

 

さて、ドバイ空港でずっとヤッソを待ち続けていたのに、彼がお昼に送った最後のメッセージは「2時にブルジュ・ハリファに迎えに行くよ!」だったよね。

 

ってことで、(part 5)ドバイに来たらメトロに乗ろう!で紹介したメトロでドバイ空港から30分かかってドバイモール (ブルジュ・ハリファ)Dubai Mall (Burj Khalifa) 駅に到着。駅とドバイモールをつなぐ連絡路820mを歩いて、人が賑わう世界最大のドバイモールの中を歩いて、世界一高いビルブルジュ・ハリファの展望台の受付前までどこにも寄らずにやって来た。

 

f:id:world-wanderer:20170603160807j:plain

 

待ち合わせ2時

 

ドバイモールに着いてすぐに無料WIFIでドバイモールに到着したことを知らせた。

そして、約束の20分前に、ブルジュ・ハリファ展望台 AT THE TOP の受付の前に到着したことも知らせた。ヤッソからの返事は入ってなかったが、車を運転してるんだろうと思って、特に気にしなかった。

 

ところが、約束の2時を過ぎても来ない・・・ そして10分後、

3時にドバイモールで会おう。今から隣町を出る。」

という連絡が入ってきた!!

 

え?!今からドバイから1時間離れた街を出発するの!?

 

心の中で叫んだ!

 

「で、ドバイモールのどこで待ち合わせするの??」

と再度聞いても、あいかわらず、場所を指定してこない・・・ 

 

ドバイモールのどこよぉー?!

ドバイモール』で会おうったって、世界最大の広さだよ??

東京ドーム23個分の広さだよ

 

f:id:world-wanderer:20170605122042j:plain

 

ヤッソが指定しないなら、私が指定するしかない。

一番わかりやすいのは、最初に指定された待ち合わせ場所で会うこと。既にいるしね。

だから、「今いるブルジュ・ハリファの受付前で待っているね。」と、伝えた。

 

受付の向かい側にフードコートがあり、フードコートを利用している人やら展望台に行くのを待っている人やらで、人が密集している。すぐに見つけやすいように、自分の「持ち物が青いキャリアケース」ってことも伝えておいた。

そして、「携帯電話のバッテリーがもうなくなるから電源を切っておくね。時々しかメッセージを確認できないからね。」ということも警告しておいた。

 

その後、「了解!3時に受付前に迎えに行くから待ってて!」と返事はあったものの・・・

  

f:id:world-wanderer:20170605123548j:plain

 

待ち合わせ3時

 

3時になってもやって来ない!

そのうち来るだろうと思って、待てども待てども... 来ない!

f:id:world-wanderer:20170615111930j:plain

 

事態は悪化!携帯電話のバッテリーがとうとう切れてしまった!!

ノートパソコンも空港で充電ができなかったから電池切れ状態。充電するケーブルはあるのに、コンセントの変換プラグは預け荷物の中だから充電できないのだ!最悪だぁ!! 

 

参考に、ドバイのプラグ形状は日本では『BFタイプ』と言うが、海外では『Gタイプ』と言う。なぜか違った呼び方をする。  

 

f:id:world-wanderer:20170614215100j:plain   Bs1363-non-earthed-plug

 

例えば、下の商品のように、ほぼ全世界対応の4種の形状を1つに収めた変換プラグは必需だよ!

 

意外とモバイルバッテリーを持ち歩きながら、携帯を充電している人がいるもんなんだね。私のモバイルバッテリーは運悪く、預け荷物の中・・・ 

携帯電話やタブレットを頻繁に使ってバッテリーを早く消耗するなら、モバイルバッテリーがあると重宝するよ!

 

参考:評価の高いモバイルバッテリー 

5200mAh

10000mAh

 

モバイルバッテリーを持って歩いている見知らぬ人に声をかけてみるが、先を急いでいたり、残量が少ないからと言われたり、使わせてくれる人はなかなか見つからない。

やっと、親切な人に貸してもらえることができ、充電しながらヤッソからのメッセージを確認したが、何も届いていない・・・ 車の運転中か??

 

もう4時なんだけど?!

 

いつ来るかわからないから、ずっとひたすら AT THE TOP の受付の前で待った。

そして、とうとう4時!まだ来なぁい!!

 

何やってんだぁーーー!!??

 

朝7時がお昼!お昼が2時!2時が3時!

3時がいったい何時になるんだぁ??!?

f:id:world-wanderer:20170615111757j:plain

 

「携帯電話を充電したいんだけど、USBが差し込める場所はない?」

と、AT THE TOPの案内人さんのおじちゃんに聞いてみたが「ない」とのこと。

そこで突き放されるかと思ったら、「何が充電したいの?」と聞いてくれた!

 

「携帯電話。ここで会うはずの友達が2時間経ってもまだ来ないから携帯電話からメッセージを送りたいんだけど、バッテリーがなくなってしまって送れないのよ。」と、説明すると、

 

「2時間も待ってるの??電話番号がわかるなら、電話してあげるよ。」

と、自分の携帯電話をポケットから取り出した。

嬉しい!めっちゃ親切なおじちゃん!

 

でも、手元にヤッソの電話番号がない!!

あ、そう言えば、ヤッソが「3時に来なかったら電話して」って、電話番号を教えてくれてたんだったわ!

 

「とても助かるんだけど、電話番号は携帯電話を起動しないと見れないのよね・・・」って、おじちゃんに言うと、 

「すぐ近くにあるインフォメーションでどこで充電できるか聞いてみたらいいよ。」と、教えてくれた。

 

急いでインフォメーションに行ってみると、楕円形のデスクでひとり忙しくお客さんの対応をしている若いお兄さんがいた。タイミングを見計らってお兄さんに事情を話してみると、「ちょっとだけならいいよ」と、親切にも USBコードを差し込んでくれた。「助かる!ありがとう!」

 

f:id:world-wanderer:20170603163548j:plain

 

が、メッセージを確認しても、何も届いていない!!怒

「どうなってるの?もう4時過ぎだよ

何もしないまま日が暮れてしまうなんてショックだ!!」

 って、イライラしながら、メッセージを送った。

 

ヤッソから返事があるかもと思って10分くらい待ったが、音沙汰なし・・・

 

ヤッソの電話番号を控えて、優しいおじちゃんの所に戻ってみると、あれ?違う案内人のおじさんが立ってる・・・。

「10分前くらいまでここにいた同じ制服を着ていたおじちゃんは?」って聞くと、

「休憩に入った」とのこと。あちゃ!

 

なので、今度はこのおじさんに、

「さっきまでここにいたおじちゃんが携帯電話を貸してくれるって言っていたんだけど・・・」と、言うと、

「ドバイの電話番号ならかけてあげるよ。」と、このおじさんもポケットから自分の携帯電話を取り出した。

親切に感謝!!ヤッソが教えてくれた電話番号がドバイのだと確認したあと、電話をかけてくれた。

 

そしたら、すぐにヤッソとつながった!良かった!!

「どこにいるの?」って聞いたら、

「今ドバイモールの駐車場に着いた!」だって!!

もう近くじゃん!!とりあえず、一安心?!

 

ヤッソとやっとのご対面

 

そして、ヤッソが、待ち合わせ場所に来たのは、結局4時半前!!

 

マジでありえないぞ!観光もできず、もう夕方じゃん!!

朝のうちに断っておけば良かったと後悔しても遅し。かなりガックリ・・・ 

だけど、落ち込んでもしかたがないので、気分を取り直すしかないよね!?

 

f:id:world-wanderer:20170615113829j:plain

 

大きな笑顔ヤッソが登場。遅れたことを申し訳ないと思ってない表情だ・・・

待ちくたびれた私は少し不機嫌な顔で彼を見たけど、わざわざ来てくれたことを考えると、イライラは吹き飛んだ!

 

ヤッソに会って早々、彼は、

「何もしないまま日が暮れてしまうなんてショックだっていうメッセージを読んで悲しかったよ!」と言う。

「そりゃあショックだよ!私は今日1日しかドバイにいないんだよ?」

「待ってる間に買い物を楽しめるかと思ってドバイモールを待ち合わせ場所にしたのに、ショッピングはしなかったの?」

「私はショッピングをしない人だよ。しかも、いつ来るかわからないし携帯電話のバッテリーがないから、私はどこにも行かずに2時前からずっと受付前で待っていたよ。」

「ずっとあそこにいたの?」

「そうだよ・・・(おバカでしょ)」

 

彼は私がモールで楽しんでいたのかと思っていたらしい。そりゃあそうだよね!

私の方は、わざわざ迎えに来た人を待たせたらいかんと思って、アホみたいにずっと同じ場所で待っていたよ・・・ 

4時半に来るって最初からわかっていれば、それまで見所たくさんのドバイモールをウロウロできたのにね!!!

 

*前回のブログ part 6 でドバイモールの魅力に迫っているよ!

 

f:id:world-wanderer:20170605134352j:plain

 

初対面のヤッソとモールの外に出て、美しい空をあおぎ見る。今日初めて外に出る・・・

気温は暑くも寒くもなくちょうど良い。こんなに天気がいいのに、夕方までずっと建物内にいたなんて・・・ 本当に私はおバカだぁ・・・

 

真っ先に目に飛び込む「ブルジュ・ハリファ」が美しく高くそびえ立つ。 

f:id:world-wanderer:20170605133818j:plain 

f:id:world-wanderer:20170605134037j:plain

 

世界最大の噴水ショーが見られる人工池のドバイ・ファウンテンの横で外の景色を眺めながら、これからどこに行くかを話し合った。

 

アラビア文化が見たい」と言ったら笑われた!

「ここは、ドバイだよ?誰がドバイに住んでいるか知ってるここに住んでいる殆どは他所の人だよ近隣の町まで行かないと見れないけど、時間がかかるから今からだと無理だよ。」

ガーン!!一番興味があるのに、残念!!

 

ヤッソに会って早々、またガックリきたので、今回はここまでね。

次回は、「ヤッソとのドバイ観光」について書きたかったけど、ドバイを観光する前にドバイについての簡潔な講座で、ドバイを知らない人にドバイを少し知ってもらえたらいいな!

 

つづき →(part 8)世界1位が大好きなドバイについて 

worldwanderer.hatenablog.com

 

最後まで読んでくれてどうもありがとう!!